閉じる

診療科目一覧

お問い合わせ・予約受付

0480-93-0661(代表)

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟では、入院生活そのものがリハビリの一環です。食事(摂食・嚥下含む)、着替え、トイレ、入浴、歯磨きなど病棟での生活そのものがゴールに向けての練習になります。 専門職が密に連携し、リハビリテーションの計画を立て、患者さま一人一人に合わせたサービスを提供します。

回復期リハビリテーション病棟・障害者病棟における待機状況(

詳しくは、医療福祉相談課0480-93-7850(直通、FAX共通)までご相談ください。

回復期リハビリテーションとは

脳血管疾患や骨折の手術で、急性期の治療を受けて病状が安定し始めた患者さまに対して、比較的早期の段階から家庭復帰、社会復帰を目的として集中的に行うリハビリテーションのことを言います。

当院の特徴

①365日リハビリを提供します。(土日祝祭日も休みなくリハビリが提供されます)

②リハビリスタッフが充実しています。

③理学療法士 52名、作業療法士 17名、言語聴覚士 9名

 退院前にはご自宅に伺い家屋調査、改修、福祉用具のアドバイスもさせていただきます。

④医師、看護師、リハビリスタッフ、医療相談員などがチームとなって患者さまと一緒にリハビリテーションに取り組みます。

入院対象となる状態及び入院期間

対象疾患 発症からの入院 入院期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術後、又は義肢装着訓練を要する状態 2カ月以内 150日
高欠脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷および頭部外傷を含む外部位外傷 180日
2 多肢の骨折、大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折 2カ月以内 90日
3 外科手術又は肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後 2カ月以内 90日
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後 1カ月以内 60日
5 関節又は膝関節の置換術後の状態 2カ月以内 90日

入院患者さまの一例

発症後間もなく脳梗塞で転院されてきた患者さま。当院での入院当初は、立つ・歩く等の動作は全くできず、1人で座ることも困難な状態でした。しかし、PT・OT・STが毎日欠かすことなくリハビリを提供していく中で、少しずつですが1人で座ることや歩くことが出来るようになりました。

また各担当スタッフが休みの場合でも、他スタッフが代わりに介入することで、身体機能を維持・改善し、退院される時には短い距離ではありますが、1人で歩行が出来るようにまでなりました。

退院される前にはリハビリスタッフ・看護師が退院に必要な計画を立て、退院後に介助を行う人にも指導を行い、より安全に退院後の生活が送れるように関わりました。

退院前にはご自宅に伺い家屋調査、改修、福祉用具のアドバイスもさせていただきます。

そして退院時、患者さまの御家族より感謝の言葉と共に御手紙を頂きました。

患者さま御家族からのお手紙
患者さま御家族からのお手紙 リハビリを全力で支援いたします。

FACE BOOK

お問い合わせ・予約受付

0480-93-0661(代表)

top