閉じる

診療科目一覧

お問い合わせ・予約受付

0480-93-0661(代表)

腹腔鏡手術について

当院では腹腔鏡手術を行っています。腹腔鏡手術は、お腹に小さな穴を数か所開け、炭酸ガスを入れてスペースを作り、そこから筒状のスコープや器具を入れて手術を行います。つまり、お腹を大きく切る(開腹手術)ことなく手術をすることができ、様々なメリットがあります。

腹腔鏡手術のメリット

○傷あとが目立たない

○術後の痛みが軽減される

○術後の癒着が少ない

○傷の治りが早く、入院期間が短い

○早期に社会復帰ができる

腹腔鏡手術のデメリット

×手術の難易度が高い

×手術時間が長くなる

■当院で行える腹腔鏡手術

腹腔鏡手術

病状によっては、従来の腹腔鏡手術の傷よりも少ないリデュースド・ポート・サージュリーも導入しています。

腹腔鏡手術

■注意点

腹腔鏡手術が適応になるかどうかは患者様の病気の状態および耐術能(手術に耐える能力)によります。 腹腔内の癒着、炎症のため、腹腔鏡手術は開腹手術へ移行する場合があります。 腹腔鏡手術、開腹手術のメリット・デメリットを考慮し、安全第一で手術を行います。

当院で導入している腹腔鏡カメラシステム

さらなる高画質を実現した
最先端CMOSテクノロジー

(日本ストライカー株式会社資料)

①ブライトビュー

  • 受光感度の向上により、シャープでクリアな高精細映像を再現
  • 細径スコープによるストレスを感じさせません
  • 最大52%の明るさの向上(自社比較)

②ナチュラルビジョン

  • 明るさの向上により、シャープでクリアな高精細映像を再現
  • イズリダクション機能を高め、高画質映像をフルサポートします
  • ストライカーの映像技術は目で見たままの世界を忠実に再現します

③セーフティ・プロダクト

  • CMOSによる受光感度の向上により、光源光量を抑えた状態でも最高画質の術野映像を実現可
  • 熱の発生リスクを抑えることで、ドレープバーンのリスクを軽減します
  • 患者様だけでなく手術に携わる皆様の安全も考慮した設計となっています
  • 1488における20%の光量が、1288における80%の光量に相当します
    (自社比較)

当院ではの3CMOS Full HD腹腔鏡カメラシステムを導入しております。

お腹の中を映し出すカメラが一般的な3CCDではなく3CMOSセンサーを搭載したモデルであり、高精細な術野映像の実現とより安全な腹腔鏡手術が可能となりました。

FACE BOOK

お問い合わせ・予約受付

0480-93-0661(代表)

top