閉じる

診療科目一覧

お問い合わせ・予約受付

0480-93-0661(代表)

パートナーシップ構築に関する方針

患者と医療者間のパートナーシップ構築に関する方針

当院では「安全で確実なわかりやすい医療」を理念のもと、患者さまの権利について制定し取り組んでおります。
患者さまと医療従事者が共同し、医療における相互関係を樹立するための根本的な概念と考え医療を提供していかなければならないと考えます。
安全な医療を行うためには医療従事者だけでなく患者さまの医療への参加・協力が重要となりますので良好なパートナーシップ構築にご協力をお願い致します。
患者さまと医療者との間の協力関係(パートナーシップ)の充実を図るため、当院では以下のような努力と患者さまへのお願いをしております。


パートナーシップ構築に向けて

当院において、患者さまと医療従事者との信頼関係を構築するために「患者権利章典」を定め、「患者の権利と責務」「患者の安全確保」「インフォームド・コンセント」「個人情報の保護」「患者への指導」などに努めるとともに、パートナーシップ構築へ向けて啓蒙活動を行います。

1. インフォームドコンセント(説明と同意および理解と選択の権利)

インフォームド・コンセントは、「説明と同意」「納得と同意」などと訳されています。これは、医療者が患者やその家族に対し、治療の内容についての十分な情報を提供し、理解してもらい、その結果、納得してもらうことです。当院では「患者の権利章典」に基づき「説明と同意に関する規定」を定め、医師は患者さまの同意を得るために8項目を説明し、十分理解し納得した上で患者さまの自由な意思で方針を決定します。

2. 個人情報の保護

外来・入院患者さまの個人情報については「個人情報保護方針」に基づき「個人情報危機管理規定」を定め、職員は個人情報の紛失・改ざんおよび漏洩に十分配慮いたします。

3. 患者の安全確保

誤認防止

安全で安心な医療を行うため、注射・点滴・処置・検査などを受けられる場合は、お名前等の確認をさせていただきます。

4.患者教育

患者さまの不安を解消し、治療への参加意識を高めるために以下の教育を行います。

(1) 薬剤管理指導

(2) 栄養指導

(3) 健康指導

(4) クリニカルパスの導入

5.患者相談窓口の設置

患者さま・ご家族様の支援体制として「相談窓口コスモス」を設置し、医療に関する相談や苦情とについては真摯に対応し質の高い医療の提供に努めます。

是非、より良いパートナーシップを築きあげていきたいと考えております。

平成28年10月1日

医療法人社団哺育会 白岡中央総合病院

院長 橋本 視法

FACE BOOK

お問い合わせ・予約受付

0480-93-0661(代表)

top