閉じる

診療科目一覧

お問い合わせ・予約受付

0480-93-0661(代表)

部門紹介

検査技術科

当院は、白岡市唯一の総合病院として、地域中核病院としての役割も担っております。検査技術科では、さまざまな患者さんを対象とした検査が依頼されますので、幅広い知識と同時に高い技術も維持していく必要があります。そこで当科では、日本臨床検査技師会の精度保障施設認証書を取得して、安全で正確な検査結果の提供を厳守するとともに、スタッフも各種認定資格の取得に励んでいます。 下記に当科の認定資格の種類と人数を示します。

超音波検査士:消化器領域 3名、循環器領域 2名、体表領域 1名 泌尿器領域 1名

血管診療技師認定:1名

認定心電検査技師:2名

心電図検定2級:1名

NST専門療法士:1名

二級臨床検査士:血液学 2名、臨床化学 3名、免疫血清学 1名、循環生理学 1名

緊急検査士:2名

業務内容

検体検査

生化学検査、血液検査、一般検査、輸血検査

生理検査

心電図、超音波検査(心臓、腹部、血管、乳腺、甲状腺、頚動脈、下肢静脈)
血圧脈波、肺機能検査、脳波、ホルター心電図、聴力検査

通常勤務時間(月曜日、水曜日は遅番あり)後、当直帯に切り替わり、365日24時間、検査を受け付けています。

医療機器の紹介

生化学自動分析装置(ベックマン・コールター)、自動血球分析装置(シスメックス)、血液凝固分析装置(シスメックス)、グルコース専用分析装置(A&T)、HbA1c測定装置(東ソー)、尿化学分析装置(栄研)、血液ガス専用分析装置(ラジオメーター)、超音波診断装置5台(日立、東芝、フィリップス)、心電計(日本光電、フクダ電子)、脳波形(日本光電)、ABI/PWV(オムロン・コーリン)等

2016年3月納入の超音波装置

チーム医療

ICT(感染制御チーム)、NST(栄養サポートチーム)、褥創チームに所属し、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・管理栄養士など専門職種のスタッフとともに、病棟ラウンド等も行い、臨床検査技師の役割として、患者さんの検査データの集計・分析・解析を行っています。

その他(診療データ等)

①学会発表、各種勉強会の講師を行うスタッフも増えて、昨年度のAMG学会で発表した際には、優秀発表賞を受賞しました。過去3年間の業績を示します。学会発表・研修会講師ともは8演題行いました。

【学会発表】

「輸血管理ソフト更新に伴って変更した運用の報告」 第42回 埼玉県医学検査学会(2013年12月)

「ホルター心電図装着時のモニター波形を契機に非ST上昇型急性冠症候群が疑われた1症例」 第42回 埼玉県医学検査学会(2013年12月)

「ホルター心電図装着時のモニター波形から急性冠症候群が疑われた1症例」 第35回 CMS学会(2014年9月)

「12誘導心電図から冠攣縮性狭心症が疑われた1症例」  第43回 埼玉県医学検査学会(2014年12月)

「2Dスペックルトラッキング法における検者間誤差の検討」 第43回 埼玉県医学検査学会(2014年12月)

「当院におけるバスキュラーアクセス(VA)管理 ~検査技師の立場から~ 第44回 埼玉県医学検査学会(2015年12月)

「糸球体型赤血球とeGFRの検討」 第44回 埼玉県医学検査学会(2015年12月)

「当院におけるバスキュラーアクセス(VA)管理 ~チーム医療の観点から~ 第51回 AMG学会(2016年2月)

【研修会講師】

「基礎から学ぼう!尿沈渣」 埼玉県臨床検査技師会研修会(2013年5月)

「両腎充実性腫瘤の一例」 第4回 習志野超音波研究会(2013年12月)

「非上皮細胞類」血尿の見方 ~定性検査をふまえて~ 埼玉県臨床検査技師会研修会(2014年4月)

「尿沈渣検査実習」(初級)非上皮細胞類:非上皮細胞類の見方 埼玉県臨床検査技師会研修会(2014年9月)

「不整脈―緊急な対応が必要な心電図―」 第4回 東埼玉地区薬剤師勉強会 (2014年10月)

「膝窩に認めた分葉状 anechoic lesion 津田沼超音波研究会勉強会(2014年12月)

「心電図 ST-T変化―QT延長」 第5回 東埼玉地区薬剤師勉強会(2015年5月)

「頸動脈エコー検査時に認められた判断に苦慮した頸部食道憩室」 津田沼超音波研究会勉強会(2015年12月)

②精度管理の結果(過去3年間)を示します。

精度管理とは、一定の「正確度」(真の値への近さ)と「精密度」(バラツキ度合い)を保った測定結果が常に得られるよう、検査をさまざな手法を用いて管理することです。 精度管理には、施設内で行う「内部精度管理」と同一条件下の試料を広域にわたり検査を行い検査結果を比較する「外部精度管理」の2つがあります。下記に示すのは、外部精度管理の結果となります。

■外部精度管理 単位:%

平成25年度(2013年) 平成26年度(2014年) 平成27年度(2015年)
日本臨床衛生検査技師会
精度管理調査
99.5 99.5 100
日本医師会
臨床検査精度管理調査
99.3 99.2 99.7
埼玉県医師会
臨床検査精度管理調査
99.3 99.0 100

100%:全項目A評価(A~D評価)

③教育用のラダーシステムがあります。

AMG検査部統一のラダーシステム(レベル別に業務等を達成する)があります。4月に上位者と面接し、 その年の目標を設定します。10月に目標の進捗状況を確認するための中間面接とラダーの項目をチェックします。100%に達成すると、次のレベルに上がります。レベルはⅠ~Ⅳまであり、主任はレベルⅢ、係長・科長はレベルⅣが目安となっています。翌年の4月に前の年の結果と新しい年の目標を設定するための面接を再度行います。3年前から実施しておりますが、評価の仕方等課題もあり、AMG検査部人材育成委員会で検討しています。

FACE BOOK

お問い合わせ・予約受付

0480-93-0661(代表)

top