閉じる

診療科目一覧

お問い合わせ・予約受付

0480-93-0661(代表)

部門紹介

薬剤部

薬剤部は、常勤薬剤師17名(2016年10月現在)で、調剤業務、薬品管理業務、無菌製剤業務、DI業務、病棟業務の5つの業務を中心に取り組んでいます。当院では、病棟に専任の薬剤師を配置する事で、患者さまからの問い合わせや、医療スタッフからの相談に対応しています。そうした体制をとることで、患者さま個々に合わせた薬物治療を実施できる事を目指しています。また、安全な薬剤の供給を実施していくためにも、業務の改善や薬剤師・医療スタッフの研修も積極的に取り組んでいます。

基本理念

白岡中央総合病院薬剤部は、地域の住民の方々や医療スタッフが、安心して薬剤を使用できるように、薬剤の適正使用の推進、医療安全やチーム医療に貢献していきます。

組織図

組織図

業務内容

調剤業務

内服・外用・注射薬は、医師の処方箋に基づいて調剤を行います。ただ指示に従って調剤を行うのではなく、薬剤の効果・安全性を考慮して、アレルギー歴や副作用、相互作用などさまざまな事項について確認し、薬歴と照合して調剤を行います。必要であれば医師に疑義照会を行ったうえで、調剤を行います。当院は調剤支援システムが導入されており、薬袋の発行・一包化・説明書の発行等を行っています。

薬品管理

院内の医薬品の無駄のない購入と、不足しないための在庫管理を毎日実施しています。

DI業務

医療スタッフへの情報提供のため、薬剤に関する情報を収集・整理・分析・加工をして発信しています。当院の医薬品集の作成も行っています。毎月1回Drug Informationを発行しています。医薬品の安全性情報、添付文書の改訂、医薬品業界のトピックス、勉強会の日程等を掲載しています。

病棟業務

当院は、各病棟に専任の薬剤師を配置しています。病棟薬剤師は患者さまからの問い合わせ、医師・看護師などからの薬物治療に関する相談の対応、速やかな処方鑑査などを実施しています。患者さまの状態を理解し治療方針を正しく把握する事で、多職種とのチーム医療を展開する事ができ、質の高い薬物治療を提供しています。

服薬指導

入院患者さまのベッドサイドに訪問し、患者さまと直接対話をして服薬指導を行っています。患者さまが分かりやすいように、正しい服用方法や薬効の説明を行っています。

無菌製剤

安全キャビネットを用いて、抗がん剤の調整を行っています。他にも入院患者の高カロリー輸液やハイリスク薬であるカリウム製剤の注射薬の調整を行っています。

在宅訪問

通院が困難なかたなどの患者さま宅に訪問し、服薬指導や服用状況の確認を行っています。

実績(2016年10月 現在)

勤務薬剤師数 常勤17名
処方箋枚数 入院:65枚/日  外来:院外処方
注射処方箋枚数 90枚/日
注射薬混合件数 700件/月
抗がん剤注射混合件数 10件/月
服薬指導(薬剤管理指導業務) 750件/月
薬物血中濃度解析(TDM) 6件/月
在宅訪問 12件/月
採用医薬品数 1076品目

FACE BOOK

お問い合わせ・予約受付

0480-93-0661(代表)

top